空飛ぶタイヤ

タグ
シリーズ
  • A6判848ページ
  • 2016年01月15日発売
  • 本体価格 1000円+税
  • ISBN 978-4-408-55272-9
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
空飛ぶタイヤ

内容紹介

名門巨大企業vs.弱小運送会社
ひとつの命をめぐる感動巨編


【実業之日本社 創業120周年記念出版】

池井戸潤が、一番アツい!
不屈の男と家族たちの闘い!!一気読みの大逆転エンタメ!
『下町ロケット』の原点――村上貴史(文芸評論家)



走行中のトレーラーから外れたタイヤは凶器と化し、通りがかりの母子を襲った。タイヤが飛んだ原因は「整備不良」なのか、それとも……。自動車会社、銀行、警察、記者、被害者の家族ら、事故に関わった人たちの思惑と苦悩。「容疑者」と目された運送会社の社長が、家族・仲間とともに事故の真相に迫る。圧倒的感動を呼ぶエンターテインメント巨編!

第136回(平成18年下期)直木賞候補作。
「作者の思いが読者を揺り動かす」
「緊迫感のあるストーリー」
「企業小説を越えた作品」
と選考委員の高い評価を受けた。

目次

序 章  決して風化することのない、君の記憶
第一章  人生最悪の日々
第二章  ホープとドリーム
第三章  温室栽培群像
第四章  ハブ返せ!
第五章  罪罰系迷門企業
第六章  レジスタンス
第七章  組織断面図
第八章  不経済的選択
第九章  聖夜の夜
第十章  飛べ! 赤松プロペラ機
第十一章 コンプライアンスを笑え!
第十二章 緊急避難計画
終 章  ともすれば忘れがちな我らの幸福論
解説 村上貴史