マンサンQコミックス まるごし刑事Special(26)法で裁けぬ凶悪犯罪編

タグ
作品
まるごし刑事
シリーズ
  • B6判502ページ
  • 2016年06月15日発売
  • 本体価格 583円+税
  • ISBN 978-4-408-17566-9
  • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • ビーケーワン
  • 紀伊國屋書店
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
マンサンQコミックス まるごし刑事Special(26)

内容紹介

クソガキども、オレが法律だ!!

警視庁刑事捜査官 兼 京橋警察署刑事課強行犯捜査第一係。
スーツのシルエットが崩れるため拳銃は持たない主義を貫く。

埼玉県から東京にバイクで向かう丸越が事故を起こした!!
幼稚園の先生をやりながら、水商売でアルバイトをする謎の女・優香に助けられる。
礼を言おうと幼稚園を訪ねた丸越は、帰り道に若い男に襲われる。
話を聞いてみると、どうやら丸越を優香を脅すヤクザと勘違いしていたようだが……
(ACTION.2 恩愛)

ホテルのラウンジで、大学時代の知人・鮫崎と偶然出くわした。
鮫崎は革命家を自称し、スノビッシュな会話をしてくる。
その頃、海外では日本大使館の大物の娘の誘拐事件が起きており……
丸越の知性が空虚な言葉の皮をはぐ!!
(ACTION.4 グローバル・スタンダード)

少年による凶悪犯罪が頻発して起きている。
若者の幼稚化、狂暴化には様々な要因があると言われているが、
少年法を盾にした若者の増長に、なす術がない。
そんな中、丸越が正義のために立ち上がる!!
(ACTION.9 法って何だ?)

素手で巨悪と立ち向かう刑事を描いた痛快ポリスアクション第26弾。