蒼太の包丁(40)

タグ
作品
蒼太の包丁
シリーズ
  • B6判278ページ
  • 2013年11月29日発売
  • 本体価格 600円+税
  • ISBN 978-4-408-17472-3
  • 在庫あり
蒼太の包丁(40)

内容紹介

銀座・板前修業日記

銀座の街を歩いている時、元カレを見かけた若女将のさつき。彼のそばには優しそうな奥さんと、そして可愛い娘の姿があった…。かつてプロポーズを断わり、料亭への道を歩み始めたさつきだったが、今は新生『富み久』の責任者として苦闘がつづいている。売り上げも思うように上がらず、『分富み久』との差は広がるばかりだ。自分の人生はこれで良かったのだろうか、それとも…?

悩みを深める若女将が、夜中に酒を飲んでいるのを見て、見習いの乙部が蒼太に相談する。さつきを元気づけ、やる気を取り戻させることはできないだろうか。以前は旭山動物園の飼育係で、学生時代は生物部だった乙部は、さつきを蒼太に誘い出してもらい、サプライズの演出を計画する。それはなんと、隅田川の川辺に、ホタルの光を現出させることだった…!! 立ち飲み屋『みなと』を舞台に、なぜかプロレスラー同士の格闘技戦が勃発、今度の『蒼太』はアクションも満載の超娯楽巨編です!