嫁の甲斐性

タグ
シリーズ
  • A6(文庫)判288ページ
  • 2021年10月07日発売
  • 価格 770円(税込)
  • ISBN 978-4-408-55695-6
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
嫁の甲斐性

内容紹介

新鋭の新感覚時代小説!

天保十三年、すずは腕利きの大工・篠吉と祝言を上げた。
二人が出会ったのは、吉原遊廓の大見世、金華楼。
すずは年季明けを迎えた遊女だったのだ。
父親の借金の形で女衒に売られ、八歳で妓楼へ。
禿(かむろ)、新造(しんぞ)から花魁(おいらん)“蝶々”へと上り詰める。
家族との再会が叶わぬまま、二十年の苦界生活を耐え忍び、好いた男と添い遂げるはずが、
待っていたのは新たな苦難と借金地獄の日々で……。
元・花魁の数奇な半生に一喜一憂、共感必至。
新鋭が放つ新感覚時代小説、書き下ろし!