逢魔が刻腕貫探偵リブート

タグ
シリーズ
  • 四六判216ページ
  • 2019年12月20日発売
  • 本体価格 1500円+税
  • ISBN 978-4-408-53749-8
    • 在庫あり
逢魔が刻

内容紹介

喪主が殺人、連続不審死、留学生監禁……この街は謎と殺しが多すぎる!?

累計40万部突破の大人気「公務員探偵シリーズ」最新作!

神出鬼没の公務員探偵「腕貫さん」を“だーりん”と呼び慕う、美貌の女子大生・住吉ユリエ。同級生の小泊瀬海人から「親族が関わった殺人事件を題材にミステリ小説を書いてみたい」と相談され、大乗り気でストーリー作りに着手するが――(「ユリエの本格ミステリ講座」)

鳥遊葵、阿藤江梨子、安達真緒、水谷川刑事etc.……シリーズ既刊でお馴染みの面々も、四年ぶりに集結。腕貫シリーズのホームタウン櫃洗市で続発する、禍々しくも珍妙な事件を描いた連作ミステリ! 

今作では、女子大生・ユリエ、腕貫さんのお株を奪う(?)名推理を披露。対する腕貫さんは、ユリエに駄目出し…・・・!? 乞うご期待!