悲劇もしくは喜劇

タグ
シリーズ
  • 四六判上製396ページ
  • 2008年07月18日発売
  • 本体価格 1800円+税
  • ISBN 978-4-408-53532-6
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
悲劇もしくは喜劇

内容紹介

真実はこの世の中で一番面白い冗談だ。

一人息子を育てながら九年間の受験勉強を経て弁護士になった村地佐和子はミスばかり犯し、前途に悲観的になっていた。そんな折に起きた、人身売買を背景にした殺人事件。佐和子は容疑者の弁護を引き受けるが、彼女の前には幾多の難問が立ちはだかっていた。裁判はどこまで真相に迫れるのか。変転し続けるストーリー――果たしてこれは悲劇なのか、喜劇なのか。新機軸の書き下ろし法廷推理。