青き炎 Vol.3最終章 男の旅に終着駅はない! 男の旅編

タグ
シリーズ
  • B6判452ページ
  • 2015年04月27日発売
  • 本体価格 574円+税
  • ISBN 978-4-408-17530-0
  • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • ビーケーワン
  • 紀伊國屋書店
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
青き炎 Vol.3

内容紹介

悪の華 ついに散る!? 驚愕の完結編!!

【「青き炎」Vol.2までのあらすじ】
海津龍一は一流私立大学の花形ラグビー部員。人は奴隷として使われる者とその奴隷を使う者と2種類に分けられると信じている彼は、「使う者」になる野望を抱いていた。そのために必要なのは、金と力。彼は手始めに、同じ大学の同級生で大企業の創業者の孫である住菱久世に接近、交際を開始するが、ライバル校のスターラグビー部員・後関が恋敵として現れる。そしてついに二人はラグビーの公式戦で激突する。

目次

第51話 疑惑
第52話 取引
第53話 拳銃
第54話 暗闘
第55話 資産
第56話 対抗戦
第57話 私怨
第58話 器量
第59話 不動産
第60話 聖女
第61話 灰色
第62話 啖呵
第63話 結婚
第64話 乾杯
第65話 一流ホステス
第66話 再会
第67話 約束
第68話 翻弄
第69話 殺意
第70話 犯行
第71話 遺産
第72話 絶頂
第73話 切人
第74話 不安
第75話 絶望
第76話 苦悶
第77話 決着