女王の穴 ~クイーンズ・ホール~

タグ
シリーズ
  • B6判228ページ
  • 2013年05月29日発売
  • 本体価格 619円+税
  • ISBN 978-4-408-17446-4
  • 品切重版未定
女王の穴 ~クイーンズ・ホール~

内容紹介

好色一代タイムトラベル!!

老いも若きも身分も国境も関係なく“下半身”をパスポートに渡り歩く、自称日本一のサオ師・鷹山(たかやま)ヤマト。しかし、この世のあらゆる女とデキるという自信は、転じて憂いの種となってしまった。「秘境がなくなった冒険家みたいなもんかァ…」。

そんなある日、柑奈(カンナ)ハインラインと名乗る天才少女科学者が現れ、ヤマトは否応なしに連れ去られる。性的興奮で生じる脳波動を電力変換する実験に、彼は最適のモニターだと言うのだが……。かくして実験は無理矢理始まり、絶倫のヤマトは望み通りの数値を叩き出す。しかし、なぜかカンナの顔色は変わった。「電力に変換されない! このエネルギーは……!?」。装置の暴走・爆発の後、ヤマトは見覚えのない場所で目が覚めた。あのカンナも側にいて、驚愕の事実を告げる。「ここは古代エジプトよ。私たちは時空を超えちゃったの――」

絶頂エネルギーは、時空に関わるエネルギーだったとか何とか。とにかく戻るにはもう一度性的興奮が必要なのだが、残ったわずかな装置では一人分の絶頂エネルギーでは足りないらしい。「協力者が必要なの。しかも、歴史を動かすほどのポテンシャルを持った人物の……」。しかしヤマトは落ち込むどころか、目を輝かせ股間をいきり立たせ言い放つ。「つまり、女王様とヤればいいんだな? 燃えてきたゼ!」。歴史上の美女[クイーン]を攻略して、時空の穴[ホール]をこじ開けろ! 好色一代タイムトラベルの顛末やいかに!?