帝国海軍要塞艦隊

タグ
シリーズ
  • 新書判192ページ
  • 2011年04月28日発売
  • 本体価格 933円+税
  • ISBN 978-4-408-60632-3
    • 品切重版未定
帝国海軍要塞艦隊

内容紹介

設営隊と戦艦部隊の活躍を描く新シリーズ!

昭和12年、日華事変の余波で生じた邦人救出のために陸戦隊を載せ特設砲艦畝傍が出動したが、海軍による敵兵力見積もりの誤りから周囲を包囲され、籠城作戦を余儀なくされる。新山艦長は、畝傍を中州に座礁することで沈没を免れ、却って中州を要塞とかえ、邦人の救出に成功した。これを契機に、軍令部は艦隊決戦を主軸に起きつつも、島嶼戦へも対応できる体制の構築に着手することとなった。つまり、戦艦によって島を要塞化しようというのだ。そしてついに太平洋戦争へと突入、戦艦により要塞化された島々は米機動部隊の攻撃に立ちはだかる――!! 設営隊と戦艦部隊の活躍を描く新シリーズ!