生かされる命をみつめて<見えない風>編五木寛之講演集

タグ
シリーズ
  • A6判256ページ
  • 2015年10月02日発売
  • 本体価格 556円+税
  • ISBN 978-4-408-55254-5
    • 在庫あり
生かされる命をみつめて<見えない風>編

内容紹介

五木寛之は語る――
この世で 唯ひとりの自分へ。

傲慢になるな、謙虚であれ。
人は<見えない風>に生かされているのだから。


『生かされる命をみつめて』<見えない風>編で著者は、脳、宗教、生命、医学など遍く真理について語っている。

語ることが書くことよりも人の心に伝わることがある。自分を支えているのは、大きな目に見えない力だ。溜め息は弱々しい行為ではない。明治は前進だけでなく、悲しみも大事にする時代だった。法然、親鸞が庶民に語った教えの数々。著者が大声で泣いた「蓮如」の「御文章」とは。死が大きく議論される時代になった。毎日、「今日一日の自分の命」と問いかける。脳、宗教、生命、医学も、深刻な話しも軽く語る著者のライブ感覚であなたの心が軽くなる。

目次

見えない風
他力の風
天の命
青春・朱夏・白秋・玄冬
溜め息の知恵
暗愁
「悲しみ」の価値
明るさの仮面
「悲」という感情
大河の一滴として生きる
命の意味
宗教の意味
往還
忘憂の名
声が語ること
千日聞き流せ
屈原
勇気をもって諦める
人は失われるものを愛する
内なる声を聞く
脳を超えるもの
体の天気図
がん細胞の悲しみ
自己とむきあう
死を受けとめる
乾いた心と軽い命
ありのままの生を見つめて
今日一日の命