堕落論・特攻隊に捧ぐ無頼派作家の夜

タグ
シリーズ
  • A6判360ページ
  • 2013年12月05日発売
  • 本体価格 600円+税
  • ISBN 978-4-408-55155-5
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
堕落論・特攻隊に捧ぐ

内容紹介

人間だから堕ちるのであり、生きているから堕ちるだけだ。

安吾の言葉が私の人生を支えている――西川美和(映画監督)
戦後無頼派の代表的作家・坂口安吾の代表作と酒にまつわる小説・エッセイ等を多数収録したオリジナル作品集。戦後の文壇に新風を吹き込んだ「堕落論」などのエッセイはじめ、「白痴」「桜の森の満開の下」などの代表的小説、GHQの検閲により削除された幻のエッセイ「特攻隊に捧ぐ」、安吾、太宰、織田作が女について奔放に語る鼎談「歓楽極まりて哀情多し」文庫初収録。

目次

【収録作品】
堕落論
堕落論 [続堕落論]
白痴
戦争と一人の女 [無削除版]
真珠
特攻隊に捧ぐ
わが戦争に対処せる工夫の数々
青年に愬う――大人はずるい――
朴水の婚礼
桜の森の満開の下
木枯の酒倉から
――聖なる酔っ払いは神々の魔手に誘惑された話――
酒のあとさき
ちかごろの酒の話
歓楽極まりて哀情多し
反スタイルの記
机と布団と女
大阪の反逆
不良少年とキリスト
作品解説 七北数人