花嫁は墓地に住む

タグ
シリーズ
  • 新書判224ページ
  • 2013年12月12日発売
  • 本体価格 800円+税
  • ISBN 978-4-408-50542-8
    • 品切重版未定
花嫁は墓地に住む

内容紹介

不倫カップルが密会で見た幽霊の正体は……?

表題作ほか「花嫁は名剣士」を収録した大人気花嫁シリーズ!

花嫁は名剣士
女子大生・塚川亜由美と親友の神田聡子がアルバイトをしていた会議室に、何者かが爆弾を仕掛けていった! なんとか無事に会場を脱け出したが、亜由美は助けた老人・久保から爆弾犯が笹田という男だと嘘の証言をするよう頼まれる。そして街では、会社で内部告発した人物が次々に襲われ、仕込み杖を持った謎の女性に助けられるという事件が起きていた。

花嫁は墓地に住む
亜由美と親友の聡子は、温泉宿で聡子の親戚・須田朱美と遭遇。朱美は、不倫相手の河本昭男と旅館で落ち合う予定だった。しかし、そこへ朱美の母や河本の妻までやって来て一波乱! 亜由美に助けを求めた朱美は、以前、深夜の墓地デートで幽霊を見たと打ち明けて……。宿には元教師、仲居頭など問題を抱えた人間が集い、やがて1億円を巡り大混乱に!?