W7 ~新世紀ワイルド7~ モノクローム

タグ
シリーズ
  • A5判482ページ
  • 2017年04月27日発売
  • 本体価格 1800円+税
  • ISBN 978-4-408-41463-8
  • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • ビーケーワン
  • 紀伊國屋書店
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
W7 ~新世紀ワイルド7~ モノクローム

内容紹介

伝説のオールカラーコミックがモノクロ版で登場!

2014年に発行された伝説のオールカラーコミック「W7 ~新世紀ワイルド7~」がモノクロ版で登場!
1969年から漫画連載がスタートし、たちまち爆発的な人気作品となった「ワイルド7」。テレビドラマ化・アニメ化、そして実写映画化もされた。
また、連載終了後も「新ワイルド7」「続・新ワイルド7」「飛葉 ~もうひとつのワイルド7~」「ワイルド7R(リターンズ)」と、時代とともにパワーアップした続編が生み出されてきた。
そして2014年、ファンも驚愕したオールカラーコミック「W7 ~新世紀ワイルド7~」が発売された。しかし、本体価格5000円という豪華版であったことや、冊数限定での販売ということもあり、手に入れられない読者も多数いた。そういったファンの要望にお応えし、ストーリーの面白さ、迫力の漫画構成をそのままに、モノクロ版として発売することになった。
450ページの超大作ハードアクション! 巨匠が遺した極上のエンターテイメント!!

【ストーリー】
アメリカの田舎町で保安官の職についていた飛葉大陸であったが、日本で起こった少女誘拐事件解決のために長崎に連れ戻される。政界、外交問題も絡んだ誘拐事件を解決するため、草波検事総長は飛葉に、一癖ある凄腕の部下を仲間として与え、現場に向かわせるが……。
街中でのド派手なカーチェイス、戦場さながらの銃撃戦、命がけの救出劇の先には、思いもよらぬ黒幕の野望が!?

【特別収録】
小説家・馳星周の追悼寄稿
「望月三起也先生を偲ぶ会」にて参加者のみに配布された非売品カラー小冊子