静かなるドン(108)完結

タグ
作品
静かなるドン
シリーズ
  • B6判292ページ
  • 2013年06月29日発売
  • 本体価格 619円+税
  • ISBN 978-4-408-17449-5
  • 在庫あり
静かなるドン(108)完結

内容紹介

YAKUZA SIDE STORY

シチリア・マフィアのドンでありながら、イタリアの首相にもなったジュゼッペ・メタボーニの来日記念パレードを舞台に開戦した「銀座戦争」。日本極道連合軍とマフィアによる、血で血を洗う抗争に、アメリカ軍需産業界の大物チャック・グリードキンが介入、鬼州組七代目・白藤龍馬は命を落とした。義兄弟の契りを交わした龍馬の死、それにプリティ社長・秋野に別れを告げ、怒りと絶望に満ちた静也は、すべてを支配していた黒幕、世界皇帝リチャード・ドレイク5世に一矢報いようと、単身ヨーロッパへと向かった! そこに待ち受けていたものは…!? そして、姿を消した静也のあとを追い、グリードキンへと接触する秋野。さらに新鮮組のその後はどうなるのか? 波瀾の運命と、純愛の行方はいったい…!? 鳴戸に龍宝、生倉と肘方、川西や馬場花子まで、おなじみの面々が勢ぞろい、感動のフィナーレがついに訪れます。漫画史上に燦然と輝く大河ロマン、堂々の完結です!!