大和撫子紫電改(2)山本五十六・米本土侵攻

タグ
シリーズ
  • 新書判296ページ
  • 2011年09月01日発売
  • 本体価格 933円+税
  • ISBN 978-4-408-60645-3
    • 品切重版未定
大和撫子紫電改(2)

内容紹介

大好評大和撫子シリーズ第2弾

1941年、欧州護衛戦から帰国した千葉貴子中尉は、帝国武功章を得たトンキン湾空戦を描く映画に、本人役での出演を要請される。その映画製作には、来るべき対米戦で主力となる予備士官を称揚する狙いが秘められていた。しかし一部の正規士官たちは、注目を集める貴子に対し、欧州の戦いで南郷大尉を見殺しにしたとなじり、反発する。そうした中、なんとしても日本を戦争に巻き込みたい米国は、日本と敵対する南部中国軍に高々度爆撃機B-17の売却を決定、東京を爆撃させようと目論む。そして新戦闘機開発へ協力する貴子たちの元に、帝都を目指す超空爆撃隊襲来の一報がもたらされた――!!