双撃の巨竜最強戦艦決戦 フィジー1943

タグ
シリーズ
  • 新書判216ページ
  • 2010年11月19日発売
  • 価格 1,026円(税込)
  • ISBN 978-4-408-60619-4
    • 品切重版未定
双撃の巨竜

内容紹介

米最新鋭艦と宿命の闘いへ!

1941年、シンガポールを出撃した英国東洋艦隊と米国艦隊は、マレー沖で日本艦隊と激突。双方とも相手に大被害を与えるが、なかでも戦艦長門、陸奥はひどい損害を受ける。翌年、呉に戻った両戦艦は、極秘のうちに最強戦艦としての大改装が行われ、世界屈指の巨竜として、見事、復活を遂げる。折から南太平洋は風雲急を告げ、日本海軍は第2次FS作戦(フィジー強襲作戦)を敢行。米主力艦隊は、最強のサウスダコタ級戦艦群。一方の日本艦隊は大和、武蔵に大改装を施された戦艦長門と陸奥が主力。ついにフィジー沖での史上最大といわれる夜戦に突入、長門は宿命のライバル、サウスダコタとの一騎打ちを壮絶な主砲戦で闘い抜く!