山口多聞疾風録

タグ
シリーズ
  • 新書判216ページ
  • 2010年09月17日発売
  • 価格 1,026円(税込)
  • ISBN 978-4-408-60613-2
    • 品切重版未定
山口多聞疾風録

内容紹介

書き下ろし太平洋戦争シミュレーション

山口多聞は周知のようにミッドウェイ海戦で飛龍とともに沈むが、戦争半ばで戦死したことをもっとも惜しまれた提督のひとりである。同時にアメリカに武官として赴任し、山本五十六とともに知米派でもあった。その山口多聞が生き長らえて、機動部隊の指揮を執っていたらどうなっていたか、というIFを追求したファン待望の新シリーズ。