帝国連合大戦

タグ
シリーズ
  • 新書判236ページ
  • 2010年06月19日発売
  • 価格 1,026円(税込)
  • ISBN 978-4-408-60604-0
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
帝国連合大戦

内容紹介

世界を二分する大戦勃発!

1914年6月オーストリア皇太子の暗殺で世界は2つに分裂、第1次大戦が勃発。2つのグループとは、英国・フランス・日本、それにウクライナや独立したばかりの中国を含めた連合国。もう1つは独・オーストリア・ロシア。米国は中立を表明。しかし、1930年代中ごろには、米・独・イタリアにソ連が加盟した枢軸国と連合国が対立。38年に欧州大戦が、41年にはついに太平洋で戦いの火ぶたが切られる。当初、米アジア艦隊に大打撃を加えた日本海軍だが、ウェーク島が孤立化。山本・F・五十六長官は兵の救済を断固、敢行し成功する。息つくひまもなく、ウェーク島沖でハルゼー、ニミッツらが率いる米太平洋艦隊との大激闘へ突入する。