第零艦隊血風録(3)

タグ
シリーズ
  • 新書判204ページ
  • 2008年01月29日発売
  • 価格 943円(税込)
  • ISBN 978-4-408-60477-0
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
第零艦隊血風録(3)

内容紹介

米豪連絡線の完全遮断によってオーストラリアを孤立させ、単独講和をはかる――日本は陸海軍、そして昭和海援隊をも巻き込んだ大戦略を敢行することになった。その第一歩として、昭和海援隊が豪空母<エアーズロック>拿捕。さらに、海軍設営隊と陸戦隊がガダルカナル無血上陸を果たし、ルンガ飛行場の設営を開始した。対する米軍は必死の消耗戦を敢行。そのため、エスピリトゥ・サント島とニューカレドニアの米軍基地を壊滅すべく、武蔵、大和を先頭に戦艦八隻が殴り込みをかける!!