金沢郡上殺人ライン

タグ
シリーズ
  • 新書判280ページ
  • 2007年08月30日発売
  • 価格 943円(税込)
  • ISBN 978-4-408-60450-3
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
金沢郡上殺人ライン

内容紹介

金沢の内灘砂丘で奥越農業組合の融資課長、田中完一の焼殺遺体が見つかった。彼は巨額の不正融資事件に関与し、3日前から行方不明だったという。だが、勤続37年、無遅刻無欠席の実直な経理マンには、女の陰も全くない。いったい22億円もの金を何に使ったのか。捜査本部が田中の背後関係を洗い始めた矢先、今度は金沢市内でフリージャーナリストが殺された。2件の殺人に関連はあるのか? 広域捜査官の上島警部と推理作家の吉本紀子が事件の裏に隠された真相を追う。だが、ようやくたどりついた犯人には鉄壁のアリバイが!