燃ゆる海鷲(2)激烈!ソロモン大空戦

タグ
シリーズ
  • 新書判224ページ
  • 2007年03月30日発売
  • 本体価格 857円+税
  • ISBN 978-4-408-60429-9
    • 品切重版未定
燃ゆる海鷲(2)

内容紹介

昭和17年7月9日、一機の零戦が無傷のまま米軍に発見された。その機体を回収した米軍は、総力を挙げて新型機の開発を開始する。そうとは知らない日本軍はガダルカナル争奪をめざし激闘を続けていた。だが、やがてソロモン海上空に次々とアメリカ軍の新型機が登場し、零戦は苦境に追い込まれ始めた。そんなときブーゲンビル島のブインにいた国友中尉たちに帰国命令が下った。彼らが連れて行かれたのは岐阜県各務原にある川崎航空の工場だった。そこで彼らが見たものとは――!?