空母艦隊血風録(2)

タグ
シリーズ
  • 新書判240ページ
  • 2004年12月17日発売
  • 価格 933円(税込)
  • ISBN 978-4-408-60305-6
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
空母艦隊血風録(2)

内容紹介

痛手を負いながらも第一弾作戦を成功させた日本海軍。いよいよ太平洋戦争の天王山というべきミッドウェイ作戦が発動された。南雲が世界最強の打撃部隊を率いて中部太平洋に出撃する一方、山口多聞は空母4隻を擁する第2機動部隊司令長官として択捉島へ向かった。本来陽動作戦と見られていたAL作戦だが、米軍はアリューシャンに戦力を集結、さらに宿敵ハルゼーが、懲罰人事として乗艦していた潜水艦ノーチラス号で山口を迎え撃つ。北の海で日米空母艦隊が激突する!!