蒼天の艦隊(2)

タグ
シリーズ
  • 新書判224ページ
  • 2002年04月18日発売
  • 本体価格 838円+税
  • ISBN 978-4-408-60180-9
    • 品切重版未定
蒼天の艦隊(2)

内容紹介

ミッドウェイ島を占領し、ハワイのオアフ島の基地機能も完璧に破壊した日本軍だが、ドイツが突如対米宣戦布告したことで、泥沼の戦争に巻き込まれる恐れがでてきた。そこで海軍大臣山本五十六は、早期講話の道が閉ざされる前に何とかアメリカ国民の士気をくじこうと、一気呵成の攻撃を命じる。まず出鼻を挫かれたウェーキ島を再攻略するため空母「大和」「武蔵」を擁する第一航空艦隊が出動。さらにフィリピンのデルモンテ秘密基地を攻略し捕獲したB-17で、コレヒドール島に立てこもるマッカーサー大将を攻撃、沈黙させる。これに対し、追いつめられたルーズベルト大統領は、陸海軍合同の日本本土爆撃を命じる!