比島争奪大作戦帝国艦隊猛烈戦記(3)

タグ
シリーズ
  • 新書判224ページ
  • 2000年09月01日発売
  • 本体価格 800円+税
  • ISBN 978-4-408-60139-7
    • 品切重版未定
比島争奪大作戦

内容紹介

太平洋戦争に突入して2年が経過、戦線は膠着状態に陥っていたが、アメリカはその圧倒的な工業力に物を言わせて、徐々に優位にたち始めていた。そこで海軍大臣・山本五十六はアメリカを講和のテーブルに着かせるべく「天頂作戦」の発動を決定する。~アメリカの世論は膨大なる戦死者の前に必ず揺れる~との前提の基に最大で米軍6個師団「12万人」を殲滅させる作戦だった。
一方ルーズベルトの辞任を受けて新大統領になったトルーマンは、政治的立場強化のためにも、米太平洋艦隊司令長官ニミッツに、日本に対する完全勝利を要求。かくして、フィリピン沖で日米の乾坤一擲の大決戦が開始される!!