大爆進!独立航空艦隊風雲大作戦(1)

タグ
シリーズ
  • 新書判216ページ
  • 2000年06月01日発売
  • 本体価格 800円+税
  • ISBN 978-4-408-60131-1
    • 品切重版未定
大爆進!独立航空艦隊風雲大作戦(1)

内容紹介

ミッドウェイ海戦で大惨敗を喫した日本海軍は、連合艦隊の再編成を余儀なくされる。その際、角田角治中将の肝煎りで、小型新造空母「天龍」を基幹とした第四二独立航空艦隊が設立された。天龍に搭載されるのは零戦五二型をはじめ「天山」「彗星」など最新鋭の航空機だが、搭乗員は皆一度“戦死”した通称“屍”パイロット達だった。各地の戦場で急先鋒役として突撃することが使命の彼らは、まずソロモン諸島東方沖で米空母「サラトガ」と激突する!!