道ゆき獣みち

タグ
シリーズ
  • 四六判244ページ
  • 2001年10月17日発売
  • 価格 1,760円(税込)
  • ISBN 978-4-408-59150-6
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
道ゆき獣みち

内容紹介

山あいのある小藩でお家騒動が持ち上がり、筆頭家老と中家老派に分かれ熾烈な暗闘が繰り広げられていた。そうしたなか、郡方を勤める飯尾辰之進は、願い出ていた勘定方への転職とひきかえに、横目付けの甲山から筆頭家老暗殺を依頼される。悩みながらも断わり切れない辰之進だが、じつはそれにはわけがあった。甲山の妻、千津と不倫関係にあったのだ……。普段はとり澄まし冷ややかでありながら、ふたりきりの時には淫らで妖艶に変貌する女に強く魅せられ、深みにはまっていく男を描いた表題作ほか、男女の細やかな情愛がテーマの傑作時代小説集。