遠州浜松殺人奏曲私立探偵・小仏太郎

タグ
シリーズ
  • A6(文庫)判336ページ
  • 2020年06月05日発売
  • 本体価格 700円+税
  • ISBN 978-4-408-55593-5
    • 在庫あり
遠州浜松殺人奏曲

内容紹介

井伊家ゆかりの地で倒れた男
彼はなぜ名を騙ったのか――

東京・亀有の小仏太郎探偵事務所に、静岡県警の刑事が突然訪ねてきた。
奥浜名湖にある井伊直虎ゆかりの寺院〈龍潭寺〉の近くで重傷を負った男が発見され、「小仏太郎」と名乗ったのだという。彼は病院に搬送されるも、その後すでに死亡してしまった。
小仏は謎の男の調査に乗り出すが、さらに別の男の死体も見つかり……傑作旅情ミステリー!

浜松城、奥浜名湖、龍潭寺…
女城主(井伊直虎)が奏でる死の調べ!

好評シリーズ
傑作旅情ミステリー!

目次

第一章 萬松山龍潭寺

第二章 秋の境界

第三章 現場で見た顔

第四章 夜の運命

第五章 底知れぬ暗闇

第六章 奪還

第七章 稼業