からくり探偵・百栗柿三郎 櫻の中の記憶

タグ
シリーズ
  • A6判320ページ
  • 2016年01月29日発売
  • 本体価格 593円+税
  • ISBN 978-4-408-55274-3
    • 在庫あり
からくり探偵・百栗柿三郎 櫻の中の記憶

内容紹介

密室殺人も暗号解読も 謎解きは発明で!?

風采は上がらないが頭脳は明晰、発明家兼探偵の百栗柿三郎が、大正時代の浅草を舞台に、難〈怪〉事件に挑む!
柿三郎を支えるのは、女中兼探偵助手の千代、居候の小学生・玉緒、迷い犬のハチ。先進の科学知識を駆使して、“雪に閉ざされた密室の殺人”“屋根裏の住人の告白”“読めない脅迫状”“消えた工女”――四つの謎は解けるのか!?

往来で、懐かしい面影を見かけた千代は、それが女学校時代の友人・篠宮ふみだと思い当たる。たまらず追いかけるが、辻々で姿を消すその女性に追いつくことはできなかった。もう、駄目……と思いつつ曲がった先で、千代が見つけたのは……。

評論家各氏絶賛! 本格ミステリファン感嘆! 好評シリーズ第2弾!

目次

序 章
第一話 殺意に満ちた館
幕間ノ一
第二話 屋根裏の観測者
幕間ノ二
第三話 さる誘拐の話
幕間ノ三
第四話 櫻の中の記憶
終 章