覆面刑事 貫太郎ヒバリーヒルズ署事件簿

タグ
シリーズ
  • A6判400ページ
  • 2015年07月31日発売
  • 本体価格 741円+税
  • ISBN 978-4-408-55249-1
    • 在庫あり
覆面刑事 貫太郎

内容紹介

時代シリーズの雄、現代ミステリーに殴り込み!

事件は広がり、つながる――ダメおやじ刑事の真実とは?

東京都西南地区にある雲雀ヶ丘市を舞台に、メタボな親父刑事・土田貫太郎と準キャリア・遠藤理香子が事件を追う。発端は連続盆栽窃盗。その後、一億円を要求された犬の誘拐、女子大生失踪、下着泥棒、川辺で発見された女性溺死体、幼児誘拐……次々と起こる事件に凸凹コンビが奔走、複雑怪奇な謎に迫る。ラスト、意外な真実が明かされる。「堂々たる警察小説だ」と細谷正充氏(文芸評論家)絶賛! [解説/ 細谷正充]

目次

第一章 貫太郎登場
第二章 行方不明の女子大生
第三章 熟女デリヘル
第四章 正真正銘の誘拐
第五章 母娘の相克
第六章 五里霧中
第七章 一石二鳥か二兎を追う者か
第八章 黄金の稲妻