白狐を斬る剣客旗本奮闘記

タグ
シリーズ
  • A6判288ページ
  • 2015年04月03日発売
  • 本体価格 556円+税
  • ISBN 978-4-408-55223-1
    • 在庫あり
白狐を斬る

内容紹介

謎の盗賊「白狐党」、断じて許せぬ!
悪の秘剣「白波返し」を破れ!!

白狐の面をかぶった盗賊「白狐党」が、両替屋を襲撃。丁稚を一太刀、大金を奪った。さらに、事件を探索する北町奉行所の定廻り同心が、顔を縦に斬り割られ、殺された。賊のなかには旗本や御家人が……。白狐党とは何者なのか? 御目付の厳命を受け、非役の旗本・市之介が、強靭な謎の武士集団に立ち向かう。必殺剣「白波返し」を破れるのか!? 『残照の辻』『茜色の橋』『蒼天の坂』『遠雷の夕』『怨み河岸』『稲妻を斬る』『霞を斬る』に続く、「剣客旗本奮闘記」大人気シリーズ第8弾! 文庫書き下ろし。

目次

第一章 白狐党
第二章 手がかり
第三章 六人の賊
第四章 博奕屋敷
第五章 切腹
第六章 白い刃光