真田三代風雲録(下)

タグ
シリーズ
  • A6判488ページ
  • 2015年01月31日発売
  • 本体価格 741円+税
  • ISBN 978-4-408-55211-8
    • 在庫あり
真田三代風雲録(下)

内容紹介

日本一(ひのもといち)の兵(つわもの)!
戦国乱世に名を残せ――幸村、真田丸で大勝負!

小田原攻め、関ケ原、大坂の陣……
真田一族が貫いた武士の道とは!?


天下分け目の関ヶ原合戦を前に、真田昌幸と次男幸村は長男信幸と訣別、東西両軍に分かれることに。昌幸らの奮闘もむなしく西軍は敗れ、昌幸と幸村は高野山へ流される。その後、雌伏の時を経た幸村のもとに、豊臣秀頼から出陣の申し入れが。徳川家康に「日本一の兵」と称された幸村が大坂の陣で放った乾坤一擲の大勝負とは……真田三代小説の決定版! [解説/ 山内昌之]

目次

小田原攻め
信長の幽霊
開戦前夜
犬伏の別れ
第二次上田合戦
高野山まで
九度山の歳月
出蘆
入城者たち
真田丸に入れ
戦雲迫る
それぞれの武辺道
和議の行方
誑しこまれた男