偽花探偵・藤森涼子の事件簿

タグ
シリーズ
  • A6判304ページ
  • 2015年01月31日発売
  • 本体価格 593円+税
  • ISBN 978-4-408-55205-7
    • 在庫あり
偽花

内容紹介

事件のカギは三つの花
クールでタフな女性探偵・涼子が真相を探る!!

名古屋・千種駅に程近いビルの一室に、探偵事務所を構える藤森涼子。所員は、女性ばかり。ITに強い美紀、ファッションはロリータ系ながら鋭い洞察力を持つ綾、得意の変装で尾行する年齢不詳の李理亜。

ひったくり現場に遭遇した涼子たちは、犯人を追いかけ捕まえるが、被害者の男は犯人を逃がせと訴え……(「石楠花の詞」)。涼子が通うキックボクシングジムで、練習相手の茉莉花から生き別れの兄を探してほしいと依頼され……(「金木犀の徴」)。涼子のもとへ、「盗聴されてるかも」と大学生の姪・静子が訪れ……(「夾竹桃の焔」)の3話を収録。20年にわたり書き続けられている人気シリーズ第二弾。(『金木犀の徴』を改題)

目次

石楠花の詞(しゃくなげのことば)
金木犀の徴(きんもくせいのしるし)
夾竹桃の焔(きょうちくとうのほのお)