マンボウ最後の家族旅行

タグ
シリーズ
  • A6判256ページ
  • 2014年10月04日発売
  • 本体価格 574円+税
  • ISBN 978-4-408-55189-0
    • 在庫あり
マンボウ最後の家族旅行

内容紹介

マンボウ、最後のエッセイ。

大腿骨を骨折したマンボウ氏。さっそく娘による「スーパーリハビリ」が始まった。毎朝、腹筋と散歩。そしてなぜか、旅から旅の日々。娘は言った。「ハワイから帰ったら、翌日苗場にスキーに行かない?」。妻・齋藤喜美子が語る「マンボウ家の五〇年」と娘・斎藤由香による「あとがきに代えて」収録。家族との日々をユーモアで紡ぐ、絶筆を含む著者最後の連載ユーモアエッセイ集。[解説/ 小島千加子]

目次

骨折騒動記
マンボウ入院記(その一~その三)
軽井沢へ
肺炎で又もや入院
ハワイにつれてゆかれた事
ハワイから帰国した翌日に、もう苗場へ
スキー場から帰ったら、熱海へ
またもや箱根へ
どくとるマンボウ昆虫展
上高地再訪
初夏の軽井沢ふたたび
上山城での「どくとるマンボウ昆虫展」
娘に引かれて善光寺参り
私を昆虫マニアにしてくれた先輩
カラオケ初体験
紅葉の京都
「楡家の人びと」の独訳のことなど
恐ろしい娘によるリハビリと私の認知症
私の散歩
京都の親戚を訪ねる
娘の植えた桜
神奈川近代文学館
白い御飯
NEC軽井沢72
軽井沢あれこれ
<絶筆>又もやゴルフ見学

マンボウ家の五〇年 齋藤喜美子
<あとがきに代えて>父が遺したユーモア 斎藤由香
解説 北さんの最後の日々 小島千加子