軍師の生きざま

タグ
シリーズ
  • A6判432ページ
  • 2013年06月05日発売
  • 本体価格 686円+税
  • ISBN 978-4-408-55133-3
    • 在庫あり
軍師の生きざま

内容紹介

生きうる限り、本望を遂げよ

「生きうる限り、本望を遂げよ」「死する者に繁栄も栄誉もなし」「謀略に溺れるものは弱い。我慾を捨てた政治であればこそ成果をもたらす」。実力次第で立身出世ができる戦国時代、彼らはいかに生を全うしたのか? 知略をもって支えた策士たちの戦いと矜持。板垣信形、斎藤道三、山本勘助、黒田官兵衛、石田三成、直江兼続、柳生宗矩、真田幸村、後藤又兵衛、真田信之……戦国時代を駆け抜けた名参謀たちの「生きざま」を描く。山本勘助の切ない恋心を描いた「紅楓子の恋」、戦国時代における父兄と娘のはかなくも切ない関係を綴る「城井谷崩れ」、石田三成の純情を表現した「石鹸」、柳生家と徳川家のふたつの物語が折り重なる名作「柳生刺客状」、数々の名言を生んだ真田信之の最期の時を堪能できる「獅子の眠り」など、極上の作品が揃う。歴史小説愛好家に贈る、豪華作家陣10名<新田次郎、坂口安吾、宮本昌孝、海音寺潮五郎、火坂雅志、尾崎士郎、隆慶一郎、大佛次郎、国枝史郎、池波正太郎>による傑作歴史アンソロジー。[編者解説/ 末國善己]