情事の終わり

タグ
シリーズ
  • A6判336ページ
  • 2012年08月04日発売
  • 本体価格 600円+税
  • ISBN 978-4-408-55083-1
    • 在庫あり
情事の終わり

内容紹介

結婚しても人は恋に落ちる――“一線”を超えた男と女の物語

42歳の雨宮奈津子は大手出版社に勤める文芸編集者。反抗期の娘を持ち、姑と同居するが、夫婦仲は良好といえない。人気作家・榊聡一郎の接待がきっかけで、7歳年下の営業部員・関口諒と恋に落ちた奈津子は、さらに榊からも言いよられて……。働く女性の本音や葛藤をリアルに描き続けてきた著者が贈る初の恋愛小説。切なくも一途な奈津子の恋に、未来はあるのか? 作家の宮下奈都氏も解説で「“恋愛小説”と括るだけでなく、“仕事小説”としても、じゅうぶん読め、“成長小説”としても読める作品」と賞賛。大ヒット『書店ガール』著者による新境地、職場恋愛小説の新たな傑作誕生!