パルテノンアクロポリスを巡る三つの物語

タグ
シリーズ
  • A6判432ページ
  • 2010年10月05日発売
  • 本体価格 686円+税
  • ISBN 978-4-408-55007-7
    • 品切重版未定
パルテノン

内容紹介

多彩な柳広司ワールドの原点。

紀元前5世紀、アテナイの政治家ペリクレスは、ペルシア戦争で荒廃した聖域(アクロポリス)復興を計画。幼なじみの天才芸術家フェイディアスを総監督に任命し、15年の歳月をかけてアテナイの丘にパルテノン神殿を出現させた……。生涯を「民主制」と「究極の美」の完成に捧げたふたりの男の情熱と友情を描く表題作「パルテノン」のほか、栄華を極めたアテナイが舞台の中編二編を収録。古代ギリシア黄金期をダイナミックに俯瞰する、歴史小説の新たなる試み!