男鹿半島 北緯40度の殺人私立探偵・小仏太郎

タグ
シリーズ
  • 新書判252ページ
  • 2020年06月01日発売
  • 本体価格 900円+税
  • ISBN 978-4-408-53763-4
    • 発売予定
男鹿半島 北緯40度の殺人

内容紹介

秋田、男鹿、角館…
伝説と絶景が誘う連続殺人の罠!

旅情ミステリー書下ろし!

雪煙の男鹿半島に消えた男が抱える秘密とは――?                                                                             

警視庁キャリア管理官の愛人の父・西坂真治が行方不明になった。旧知の刑事・安間から相談を受けた私立探偵・小仏太郎は秋田へ向かう。
西坂は秋田市内へ医師を呼びに行ったはずだが、病院ではなく男鹿半島へ向かったという。そこには、人には言えない隠された過去があった――。 男鹿半島では、ある一人の女の周辺にいる男たちが次々と死体となって発見され……。

彼らの共通点とはいったい――?
男鹿半島、秋田、角館を結ぶ凶悪事件の真相は!?