風を結う針と剣 縫箔屋事件帖

タグ
シリーズ
  • 四六判292ページ
  • 2020年07月10日発売
  • 本体価格 1600円+税
  • ISBN 978-4-408-53757-3
    • 発売予定
風を結う

内容紹介

憎むより、笑って生きたい――
大人気〈針と剣〉シリーズ最新刊!

武士の身分を捨て、深川の縫箔(刺繡)屋・丸仙に弟子入りした一居。

町医者の宗徳は、丸仙で一居の姿を目にした瞬間「亡くなった知人に似ている」と取り乱し、その直後に謎の死を遂げる。宗徳は一居の過去を知っていたのか――。
剣術を愛する丸仙の娘・おちえ。刺繡職人を志す一居。
ふたりの葛藤と成長をみずみずしい筆致で描く時代青春ミステリー!