バスへ誘う男

タグ
シリーズ
  • 四六判304ページ
  • 2020年04月03日発売
  • 価格 1,760円(税込)
  • ISBN 978-4-408-53755-9
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
バスへ誘う男

内容紹介

謎解きと路線バスの旅が融合
トラベルミステリーの新たな傑作!!!
解決するのは、家で待つ麗しき妻!

路線バス旅のコーディネイターの「私」は、同好の士で元刑事の炭野と出会う。
彼はなぜか、翌日になると謎を解き明かしてくれる――。
故人が望む墓の向き、ベランダにさらされ続ける布団の意味、恋人との別れを決意した女子高生の謎、富士塚を建てたのは誰か、認知症の父がバスで徘徊する理由……。
郷愁を抱き、驚愕し、感動する、お散歩ミステリーの新定番!

【著者の言葉】
実は私は、路線バスに飛び乗ってあちこちウロウロするのを趣味としている。都バス一日乗車券が500円という良心的な値段設定であり、これだけの安さで丸々一日、楽しめてしまうのだから堪らない。
最終的には辿り着いた終点で、適当な居酒屋の暖簾を潜る。一日に感謝して、自分に乾杯する。
東京の片隅に生じた小さな謎を解き明かす、一風変わったトラベルミステリーをどうぞお楽しみ下さい。

目次

第一章 バスへ誘う男

第二章 墓石と本尊

第三章 さらされ布団

第四章 二者択一

第五章 榎の恩徳

第六章 焼べられぬ薪

第七章 築山と信仰

第八章 目的地

終 章