幕末愚連隊

タグ
シリーズ
  • 四六判376ページ
  • 2015年01月08日発売
  • 価格 1,870円(税込)
  • ISBN 978-4-408-53662-0
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
幕末愚連隊

内容紹介

戊辰戦争を泥だらけで走り抜けた、男たちの大群像劇。

歴史時代小説の暴れん坊、渾身書き下ろし!
伊東潤氏(作家)推薦!!
「問答無用の痛快小説。今まで誰も読んだことのない、ならず者たちの幕末」


慶応四年、幕府と新政府の戦いが激しさを増すなか、職をなくした男たちは、幕府の徴募に応じ、陸軍歩兵隊に入る。入隊したのは相撲取り、火消、ヤクザなど、ならず者ばかり。しかし、徳川慶喜が降伏に決したため、後ろ盾をなくした歩兵隊は、江戸から脱走、衝鋒隊を結成。下野、会津、越後、信濃と、各々の思いを抱き、戦場を流浪する。河井継之助、勝海舟、山県有朋らを巻き込んだ激闘の行方は!? 幕末の大失業時代に、戦いに明け暮れた雑草たちの真実。

目次

序 章
第一章 帰ってきた豹
第二章 歩兵隊、脱走す
第三章 関八州の擾乱
第四章 梁田戦争
第五章 衝鋒隊、越後へ
第六章 戦乱の日々
第七章 長岡戦線
第八章 戦いの終わり
終 章