真田三代風雲録

タグ
シリーズ
  • 四六判上製700ページ
  • 2012年12月15日発売
  • 本体価格 1900円+税
  • ISBN 978-4-408-53618-7
    • 品切重版未定
真田三代風雲録

内容紹介

幸隆・昌幸・幸村が武勇と知略で覇者に挑む――

武田信玄に軍師として仕え、川中島で上杉謙信らとわたりあった「攻めの弾正」こと真田幸隆、上田合戦で徳川家康軍を二度も破った「表裏比興の者」真田昌幸、関ヶ原の戦いの後、大坂の陣で真田丸を築造し、徳川軍を悩ませた「日本一の兵」こと真田幸村。小よく大を制し、群雄割拠の戦国の世に最も輝きを放った真田一族の興亡を戦国小説の第一人者が描く、渾身の歴史大河小説!