狙うて候銃豪 村田経芳の生涯

タグ
シリーズ
  • 四六判上製632ページ
  • 2003年09月18日発売
  • 本体価格 2200円+税
  • ISBN 978-4-408-53443-5
    • 品切重版未定
狙うて候

内容紹介

激動の幕末・明治を、薩英戦争・鳥羽伏見の戦い・戊辰の役・西南戦争と戦い続けた薩摩藩士、村田経芳。彼は少年期から鉄砲術に長け、生涯を新銃の開発研究に捧げ、明治十三年に初の国産制式銃たる村田銃を発明する。その名射撃家の少年時代から晩年にかけての波乱の生涯を描く長編時代小説!