中国・鬼謀列伝

タグ
シリーズ
  • 四六判252ページ
  • 2002年10月17日発売
  • 価格 1,760円(税込)
  • ISBN 978-4-408-53426-8
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
中国・鬼謀列伝

内容紹介

中国史を彩った覇者の背後には、謀臣と称される人物の存在があった。彼らは知勇と戦略をもって仕え、主君を盛り立てることに成功した。紀元前一〇七〇年、周王朝の文王は、渭水のほとりで釣りをしていた呂尚に対して、「亡父の太公が望んでいた方だ」と、自らの軍師に取り立てた。「太公望」の由来となった同題の短編ほか、紀元前七世紀に同年の管仲と鮑叔牙がともに臣下として名を馳せ、長年の友情関係を培った「管鮑の交り」を含む七人の人物譚を収録。