看守眼

タグ
シリーズ
  • 新書判240ページ
  • 2007年07月20日発売
  • 価格 901円(税込)
  • ISBN 978-4-408-50485-8
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
看守眼

内容紹介

わかるんだよ。刑事にはわからなくてもな。

R県警の機関誌編集を担当する事務職員・山名悦子は、定年退職者全員による回想手記の特集に、ひとり分だけ原稿が手元にないことに気付く。二十九年間、留置場の看守として警察人生を歩んできたF署の近藤宮男だけが原稿を寄越していないらしい。すぐに悦子は近藤の自宅に向うが、「捜査」で外出しているという。「穴蔵刑事が穴蔵から出てきちゃった」と近藤の妻は笑うのだが……死体無き殺人事件の「捜査」に、元看守は自らの勘に賭けた――表題作ほか、「人生の瞬間」を緊迫の筆致で描く、六編の人間ドラマ! これぞ横山ミステリーの醍醐味、新書判で登場!