十和田・田沢湖殺人ライン

タグ
シリーズ
  • 新書判324ページ
  • 2004年09月17日発売
  • 本体価格 857円+税
  • ISBN 978-4-408-50436-0
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
十和田・田沢湖殺人ライン

内容紹介

十和田湖畔で、東央大学院生・田中春奈の死体が発見された。美貌の彼女は、以前、主任教授の岸佳彦からセクハラ被害を受けた過去があった。捜査陣は、辞任した岸をはじめ彼女の所属していた研究室の関係者を調べるが、いずれも決め手に欠けた。困惑する捜査の過程で岸が、<湖の畔で乙女が二人、恋しい男の面影を求めて悲しく歌う>という、十和田湖畔の乙女像を想起させるメッセージを関係者に送る。殺人事件に加えて新たに発生した謎に、壮の推理力が発揮される――。