間違いだらけのウォーキング歩き方を変えれば痛みが取れる

タグ
シリーズ
  • A5判188ページ
  • 2014年02月27日発売
  • 価格 1,540円(税込)
  • ISBN 978-4-408-45456-6
    • 在庫あり
間違いだらけのウォーキング

内容紹介

腰痛・膝痛・外反母趾の原因は「歩き方」にあった!
からだの痛みを防ぐ日本人らしい「歩き方」とは?

ある調査によると日本のウォーキング人口は4000万人ともいわれています。ランニングよりからだにやさしいといわれる健康のための「ウォーキング」。でも誤った方法でのウォーキングにより、腰や膝などを痛める方も多いのです。「ウォーキング」には様々な目的があります。「からだの痛み」を軽減させるための「歩き方」は、ダイエットなどを目的とした「ウォーキング」とはかなり違う「ウォーキング」なのです。運動として「ウォーキング」を行うことよりも、日常生活での「歩き方」を変える必要があります。

本書は『間違いだらけのウォーキング』というタイトルですが、どちらの歩行が正しいというのではなく、目的に合った「歩き方」を身につけることが大切です。「からだの痛み」が気になるのであれば、著者の提案する「歩き方」を学び、体感していただきたいと思います。

第1章は「からだの痛み」と「歩き」の関係について。第2章では、腰痛や膝痛、外反母趾の「痛み」などを軽減させる「からだ」にやさしい「歩き」の習得方法について記されています。実際に体感していただけるよう、実践編の「ドリル」を紹介しています。ご自分のからだの状態と相談してゆっくり習得してください。すべての「ドリル」を行う必要はありません。無理のないように、日常生活のなかで少しずつ取り入れていってください。