「生きる」ってなんだろう(5)「老い」ってなに?「死」ってなに?人生の先輩と仲良くなろう

タグ
シリーズ
  • A4判変型上製48ページ
  • 2003年01月29日発売
  • 本体価格 2000円+税
  • ISBN 978-4-408-41640-3
    • 在庫あり
「生きる」ってなんだろう(5)「老い」ってなに?「死」ってなに?

内容紹介

親子で読める「老いと死」「いのち」「生き方」の本

「死ぬことや老いることを考えてみると、もっとすてきに生きることができますよ」。えー? ほんとう? この本では、人間が老いるとはどういうことなのか、老いの「生理的」「心理的」「社会的」年齢をふまえつつ、私たちが「いまを生きる」意味を考えていきます。著者の山本克彦さんは、中学校の先生、保育園の副園長、高齢者福祉施設の事務長をへて、現在は大学の社会福祉の先生です。「老い」や「死」をいま考えることのたいせつさを、わかりやすく話してくれます。いのちの奥深さを感じさせる新井由木子さんの挿絵も魅力的。親子で読める総ルビの本。ブックガイドつき。