「生きる」ってなんだろう(3)元気なからだは食べものでつくる自然から暮らしを見直そう

タグ
シリーズ
  • A4判変型上製48ページ
  • 2003年01月29日発売
  • 本体価格 2000円+税
  • ISBN 978-4-408-41638-0
    • 品切
「生きる」ってなんだろう(3)元気なからだは食べものでつくる

内容紹介

親子で読める「健康と食と暮らし」の本

著者の真弓定夫さんは小児科医。薬をできるだけ使わず、人間が本来持つ自然治癒力を高めることの大切さを親と子にやさしく話し、病気の予防に重点を置いた医療を進めています。この本では、子どもたちの健康が食べ物や暮らし方のせいで悪化していること、病気は薬ではなく暮らしで治すこと、そのために「旬のもの」「土地のもの」を「そのまま」「まるごと」食べること、早寝早起きの習慣や正しい「衣」「住」の作法、調子が悪いと感じたときの対処法などを説明しています。温かくユーモアのある大高郁子さんの挿絵も魅力的。親子で読める総ルビの本。ブックガイドつき。