親を、どうする?

タグ
シリーズ
  • A5判168ページ
  • 2013年11月07日発売
  • 価格 990円(税込)
  • ISBN 978-4-408-41185-9
  • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • ビーケーワン
  • 紀伊國屋書店
電子書店で購入する
  • 電子文庫パブリ

第1話を試し読み

親を、どうする?

内容紹介

いつか本格的におばあちゃんになっていくんだろうな うちの母も

とてもリアル。だけど、とてもあたたかい。親の老いに深くしずかに向きあう感動作。

恩師の葬儀でひさしぶりに顔を合わせた40代の同級生3人は、親の老後と死を意識するようになる。おひとりさまのカスミは祖父の死をきっかけに両親の老後を思う。「いずれ父も母もこうして死んでいく。その死をうけとめる勇気は、そのときの私にあるんだろうか」

夫と共働きのハルカは認知症の義母にふりまわされる。「お義母さん、本当にぼけてると思わない? しっかりしてるのは表面だけよ。あなたは仕事仕事でほとんど会話してないから!」

シングルマザーのサヨは父に突然「末期ガン」だと知らされ、熟年離婚した母との仲を再度とりもとうとするが……。「手術直前でも、口では強がっている父。私に隠れて何度も、お母さんにメールを打とうとしてはやめてるくせに」

介護マニュアルの本ではありません。誰もが経験するけれど、誰にもいえない家族の不安に、そっと寄りそう大人のためのコミックです。