なぜ酔うと英語が話せるのか

タグ
シリーズ
  • 四六判132ページ
  • 2004年01月30日発売
  • 本体価格 952円+税
  • ISBN 978-4-408-39548-7
    • 品切重版未定
なぜ酔うと英語が話せるのか

内容紹介

第1作『なぜ私たちは3ヵ月で英語が話せるようになったのか』、第2作『なぜか3ヵ月で英語が話せるぺらぺらエクササイズ』が話題の本城武則氏の第3作。

本書では「今日からでも英語が話せる“目からウロコ”の裏ワザ」を紹介します。
酒(=百薬の長)の意外なパワーを使えば、驚くほどにあなたの英会話力が向上します。ただ酔っ払って気が大きくなるから話せるんでしょ? いや違います。それだけではありません。日本人が英語を不得意としているさまざまな要因をすべて取り払ってくれる効果がアルコールにはあるのです。対話形式の本文を読みすすめていけば、知らず知らずのうちにあなたの英語観、仕事観、人生観が一変します。